keywords

heroine ヒロイン

ヒロインとは薬物の一種で、ヘロインやコカインの親戚としても知られている。 基本的には様々なエンターテイメントの演出用に使用されるが、一部中毒性が高いものもあり、麻薬に指定されているものもある。形状は主に人間の女性に似た形状をしており、中毒性の高いものほど美しい外見をする傾向がある。

きれいなものには毒があるのだ!

薬理作用

基本的には様々なエンターテイメントの演出効果を高めるために使用さており、規定に基づいて効力が少ないもの少量使用する分には中毒はおきにくい。しかし効力が高いものを使用すると、数度の使用によって強い嗜好性が生じ、習慣性の依存状態となりやすい。外国では他の麻薬と区別され、所持、製造、摂取が厳しく規制されているが、日本では規制が緩く、一部を除いては使用は禁止されておらず、社会問題となっている。

副作用

種類によって作用は異なるが、習慣性の依存状態となりやすく、血圧上昇、発汗作用、喉が異常に渇くなどの症状が主である。また性的気分は容易に増幅されるが、常同行為が見られ、不自然な筋肉の緊張、キョロキョロと落ち着きの無い動作を示すことが多い。更に、主に過剰摂取によってであるが、NEETなどの症状も見られる。

分類

国際的に麻薬に指定されているヒロインは、その化学構造や性質、形状などにより大まかな分類がされている。

美少女系

ヒロインの中でも大多数を占めており、最もメジャーなタイプ。中学生高校生までの女の子のような形状をしている。 バリエーションが非常に豊富で、巨乳・眼鏡っ娘・ロリ・幼馴染・など、様々な種類がある。 最近ではツンデレタイプやメイドタイプが流行している。 興奮剤的作用をする物が多いとされている。 ちなみに美少女は必ず大きなリボンを後頭部に着用するのが義務らしい。

お姉さん系

高校生~大学・社会人(もしくは一部の熟女)のような形状をするものはこの系統に分類される。 巨乳、もしくは優しくリードしてくれるタイプが多い。 服用すると興奮作用、多幸感、倦怠感などが引き起こされる。

幼女

幼稚園~小学生のような形状をしており、ヒロインの中でも最も危険な種類。 強烈な幻覚作用などを持ち、使用者を犯罪に走らせてしまうこともある為、日本国内で唯一使用が禁止されている。 なお、種類としては貧乳などがある。 ちなみに幼女もプレイヤーを誘惑するために、必ず大きなリボンを後頭部に着用するのが義務らしい。

女形系

ヒロインとしては少数派であるが、奇特な御仁からの根強い人気を持つ種類。 一般的に中の人が女性である事が多いのが特徴とされる。 但し、中の人が男性で周りの女性が演じる萌えキャラより萌える場合がある。 その場合、破壊力がトップクラスである事が多いので侮ってはいけない。

立ち位置

国際的に麻薬に指定されているヒロインは、その存在価値などにより大まかな立ち位置が設定されている。

メインヒロイン(正ヒロイン)

物語の基本的な筋におけるヒロインであり、一般的に主人公はメインヒロインに毒されるのが王道である(毒づかれるのは邪道である)。しかしごく希にヒロイン交代と呼ばれる怪奇現象の発生により、メインヒロインが交代したり、主人公がサブヒロインに毒される事が有る。なお、その怪奇現象の発生理由は[ 検閲により削除 ]

サブヒロイン

物語において主人公をメインヒロインから奪い取るために開発された誘惑・中毒性の高い種類。ただ、一部の例外を除いてメインヒロインより毒性が弱いため、結局はただの当て馬に終わることが多い。

裏ヒロイン(対抗ヒロイン)

基本的にはサブヒロインの一種だが、物語の一時期や分岐の結果として、メインヒロインを差し置いて主人公を中毒にする強毒性タイプ。大抵はメインヒロインと対等かそれを上回る人気が有るため、ごく希であるがメインヒロイン交代を引き起こすほどである。

真ヒロイン(トゥルーヒロイン)

一見サブヒロインでありながら物語の真相を握るヒロインであり、正ヒロインも裏ヒロインもそのモンキーに過ぎないという絶対的毒性を持つ。その物語の毒そのものであるため主人公を悲しい結末に至らしめる事もある。

関連項目


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-29 (日) 10:36:34 (1740d)