CentOS7

デスクトップ環境 : KDE インストール

サーバーにデスクトップ環境は通常は必要ない場合が多いのですが、ときに必要なアプリケーションがGUI必須のものがあります。 その場合は以下のようにして環境を導入します。

ここでは KDEデスクトップ環境をインストールします。

[root@localhost ~]# yum -y groups install "KDE Plasma Workspaces"

インストールが完了したら、リモート接続ではなく直接コンソール経由でログインし、以下のコマンドを実行します。するとデスクトップ環境が起動します。

[root@localhost ~]# echo "exec startkde" >> ~/.xinitrc
[root@localhost ~]# startx

KDEデスクトップ画面が起動し、グラフィカルな画面で CentOS を操作できます。

日本語環境にする

日本語関連のパッケージをインストールします。

[root@localhost ~]# yum -y install ibus-kkc vlgothic-*

システムの文字セットを変更します。

[root@localhost ~]# localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8
[root@localhost ~]# source /etc/locale.conf
[root@localhost ~]# echo $LANG
ja_JP.UTF-8 # 変更された
[root@localhost ~]# passwd # 試しに何かしてみる
ユーザー root のパスワードを変更。 # 日本語になっている
新しいパスワード:

システム全体の文字セットは変更せず、ユーザー固有で日本語環境にするなら、以下のように個別設定をしてください。

[hoge@localhost ~]$ vi ~/.bash_profile
# 最終行に追記
LANG=ja_JP.UTF-8
export LANG
[hoge@localhost ~]$ source ~/.bash_profile
[hoge@localhost ~]$ echo $LANG
ja_JP.UTF-8 # 変更された

追加で以下のパッケージをインストールしておきます。

[root@localhost ~]# yum -y install kde-l10n-Japanese
  1. デスクトップを起動し、「System Settings」を開きます。
  2. 「Locale」をクリックして開きます。
  3. 一覧から「Japan」を選択して「Apply」ボタンをクリックします。
  4. 「Language」タブに移動し、「Japanese」を選択して「→」をクリックします。
  5. 「Apply」ボタンをクリックします。以上で完了です。画面を閉じてください。
  6. 日本語環境に変更できました。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-06 (木) 10:42:49 (1549d)