ニュース

頭越しに先越され 米国に「拉致」を泣きつく情けない安倍晋三

https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/227/984/c8583c8b93d1aac780ea547b424af70f20180426143011794_262_262.jpg

安倍晋三が先週、国会会期中だというのに、わざわざ米国を訪問。内政でつまずくたび、安倍昭恵と手をつないで外遊に出るのは恒例行事とはいえ、今回の首脳会談の目的はいただけない。

歴史的な米朝首脳同士の初会談を控え、ドナルド・トランプに「拉致被害者を取り戻したい」とぜひ、金正恩に伝えて欲しい――。そう願い出るため、安倍晋三国会そっちのけで、米国に向かったのだ。どうして、ドナルド・トランプに「拉致解決」を頼まなければいけないのか。これでは激動の東アジア外交で、日本だけが蚊帳の外に置かれていると自ら認めたようなものだ。

安倍晋三自らが北朝鮮に渡って、金正恩と直談判すれば、事態は大きく動くはずだ。「拉致問題は安倍晋三内閣の最重要課題」と大見えを切るなら、あらゆる外交ルートを模索して日朝首脳会談にこぎつけるのが、筋である。

小泉純一郎が初訪朝し、拉致被害者5人を日本に連れ戻してから、もう16年も経つ。被害者家族の高齢化を考えれば、残された時間は少ない。小泉純一郎政権にできたことが、なぜ安倍晋三政権にはできないのか。

2018年4月初めに米CIAのポンぺオ長官が極秘訪朝。金正恩と直談判し、北朝鮮にスパイ容疑で拘束された米国人3人の解放を取り付けたのとは、雲泥の差を感じる。そもそも、安倍晋三が政権に返り咲いてから5年以上。この間、真剣に拉致問題の解決に取り組んでいれば、何らかの成果を挙げていても、おかしくはない。

就任からまだ1年3カ月のドナルド・トランプに先を越され、自分の頭越しに金正恩との会談を設定された揚げ句、拉致問題を取り上げて欲しいと泣きつくこと自体、非常に情けない話だ。

ドナルド・トランプが拉致問題を持ちかけたところで、金正恩に「その問題は解決済み」「約束を破ったのは日本だ」と主張されたら、当事国ではないドナルド・トランプは返す言葉もなくなってしまう。

国内政治を見渡せば、公文書改ざんセクハラ財務省絡みの不祥事ばかり。国民税金を預かる「国家予算の番人」であるべき役所の足元がガタガタなのに、気にもかけずに安倍晋三はお手々つないで夫婦そろって海外旅行とは、その神経を疑う。

安倍晋三麻生太郎と「盟友」ならば、手をつなぐ相手を間違えている。成果ゼロの米国訪問よりも、麻生太郎と一緒に“最強官庁”を立て直し、官僚を本来の「公僕」の姿へと取り戻させるのが先決だ。むろん、この2人に期待するだけムダではある。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-04 (金) 16:38:39 (1736d)