Dictionary

輩(やから)とは、特定アジアの一国である大阪民国にしか存在しないという日本人に三国人の要素が混じった民族といわれる独特の民族。ただし、男性しかいないのが特徴。女性の場合は大阪のおばちゃんとなる。

大阪民国の重要な地位の多くはこれで占められていて、特に陸軍・海軍(水軍部隊)では珍重されている。 一般人でさえも、大阪民国にすむと大阪民国独特の空気・DHMO大阪民国特有のとある飲料と食べ物によって、洗脳され輩になってしまうという説が有力である。

輩という民族の特徴

  • 輩の特徴はというと、とにかく日本におけるヤンキーに近く、ガラが悪そうな格好・行動しているのが特徴。日本では「こいつらも猿」という見方が一般的である。
  • とにかく、ケンカを売ることが大好きといわれるほど好戦的な姿勢で、まるで火病を起こしたかのように気性が荒くなることもよくあるという特徴で知られる。その原因は、コナモノ・ホルモン・DHMOキムチの摂取過剰、カルシウムとシュークリーム分と水分の不足によるものといわれている。しかし、逆にそれが大阪民国の陸軍・水軍に貢献していて、大阪民国軍の重要な要となっている。
  • 彼らは大阪語以外認めない。特に輩に対し、日本語(共通語)を話すことは、喧嘩を売られる危険性の高いものとして恐れられている。
  • ほとんどの輩は、阪神タイガース教の信者であり、その機関紙であるデイリースポーツを愛読する傾向が強い。逆に、読売ジャイアンツ教信者を見かけると以下略
  • 輩にとってのけんか祭りは、最大の儀式である。

著名な輩

亀田史郎

  • もともとは日本出身だったが、大阪民国の空気の影響で輩となってしまったことで有名。(三大)けんか祭りの神様でもある。

亀田三兄弟

  • 上の亀田史郎の息子達。罵声を浴びせたり、なんでもありの格闘技をしたりすることで有名。そのため、大阪市浪速区難波の地下秘密基地の守護兵として珍重されている。

秋山成勲

  • 血統が在日コリアンという三国人の血が強く混ざっているコリア系の輩。つるつるすべる見えない防御道具の極秘研究に力を入れている。

橋下徹

  • タレント弁護士として型破り子沢山法廷で負けなしを表看板にしていた。
  • 商工ローンシティーズの顧問弁護士であり、負けそうな法廷には出席しないことで有名。
  • その後は大阪民国の首領に就任。日々大阪市や周辺自治体府内企業といった気に食わない組織相手にけんかを売っている。大阪民国メディアを支配下に置き、メディアを通したケンカが得意である

竹本テツ

  • 普段はホルモンを焼いているが、ケンカはもちろん、ケンカの強さと気性の荒さを生かした陸軍の要として有名。

ルパン十三世

  • 風俗経営していくうちにおばちゃんのエキスまで吸った、なんでもありの気性の荒い名盗賊。

先輩

  • 「さきやから」と読む。大阪民国の大統領・豊臣秀吉の側近である。いわば、古代中国における「金将・金閣」のような地位の輩。

後輩

  • 「あとやから」と読む。大阪民国の大統領・豊臣秀吉の側近である。いわば、古代中国における「銀将・銀閣」のような地位の輩。

厨輩

  • 「うまややから」と読む。大阪民国内で作られたの果実酒に寄生する微生物で、催眠の効果を持つ。この果実酒は大阪民国内で一般人を洗脳する手段に使う道具として知られている。一方で東京の京成電車沿線で発生したとの有力な説もある。

輩の儀式・三大けんか祭り

けんか祭り

  • 豊臣秀吉の過去の基地と知られる(国外の)姫路に赴いて、姫路城周辺で行われる祭り。輩同志で神輿をぶつけあい、破壊しあうという荒々しい秋祭り。ここで陸軍の軍備を増強するという役割もかねている。……が、日本人はこの祭りをあまりにも低俗な祭りという見方が強い。そのため、日本では嫌阪流をさらに加熱させる要素となってしまっている。

天神祭

  • 堂島周辺で小船同士がぶつかり合い、終いには沈めあうというけんか祭りのひとつである。たまに大砲や花火砲までも出てくるような、これもまた荒々しい夏祭りである。大川・堂島川・土佐堀川にはいずれもDHMOがたくさん含んでいることからも、道頓堀飛び込みと同じように、海軍の軍備増強訓練をかねた祭りなのである。

だんじり祭

  • だんじりと呼ばれる大型破城槌で高速で走り回り、岸和田市などの和泉地方を中心に店や電信柱を破壊しまくるけんか祭りのひとつ。それでも、警察は動かない。というのも、大阪民国内では警察の職に就いている人でさえも輩だらけだからである。それに、陸軍増強のための訓練として位置付けしているからでもある。

輩に対する反応

日本人

とにかく、気性の荒さ・マナーの悪さ・反日丸出しということから三国人と同一視とするほど関係は悪く、しばしば「不逞の輩・さすが民度の低さだけは抜群な輩・日本人もどき」と輩を揶揄するのが特徴である。 もちろん、嫌阪流の大きなネタのひとつで、民明書房の「嫌阪流」でも、「日本人もどきの輩」という形で特集が組まれるほど多く描写されている。

関連項目


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-08 (火) 17:48:12 (1670d)