Dictionary

核爆弾

核爆弾(かくばくだん、nuclear bomb)とは、核分裂や核融合の連鎖反応を利用した爆弾であり、核弾頭核兵器)の一種。

概要

原子爆弾水素爆弾(3F爆弾)、中性子爆弾等がこのカテゴリに含まれる。

特に、航空機に搭載する投下型の爆弾(自由落下爆弾)のことを指す。

出現当初は命中精度の悪さを威力の大きさでカバーする戦術兵器として大量に生産されたが、現在は戦術核はほとんど姿を消している。

核爆弾の例

  • 1.Mk-1「Little Boy(リトルボーイ)」
    重量4.4tのガンバレル方式原爆。ウラン235を使用。ウラン235は非常に貴重なため、試験を行わずにそのまま実戦に使用された。リトルボーイでは50kgのウラン235が使用されたが、そのうちの1kgしか核分裂反応を起こさなかった。それでもTNT換算で15ktの出力を発生させた。
  • 2.Mk-2「Thin Man(細身の男)」
    ウランではなくプルトニウムを使用したガンバレル型原子爆弾。プルトニウムが過早爆発を起こしてしまうため、開発には成功しなかった。
    3.Mk-3「Fat Man(でぶ)」
    プルトニウム239を使用したインプロージョン型原爆。重量は4670kgもあるが、そのうちプルトニウムのコアは6.2kg。1945年に長崎で使用された。出力はTNT換算で22ktだったといわれる。
  • 4.B57
    重量500ポンド(227kg)、威力は5~20キロトン。空中/地表爆発の他、水中爆発も可能なので対潜爆弾としても使用できる。F-4、F-16やP-3にも搭載可能だった。退役済。
  • 5.B61
    現在も保有されている核爆弾。重量380kg、威力は必要に応じて変更可能。米軍が使用しているほとんどの戦闘機が搭載できる。
  • 6.ブルーピーコック
    東西冷戦期にイギリスが開発していた地下埋没式の核爆弾。「電子部品の保温のために、生きているにわとりを内蔵する」、「使用すると同盟国(西ドイツ)の国土を吹き飛ばす」、といった斬新な特徴を持つ。配備は中止された。

関連項目


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-17 (木) 12:57:16 (1721d)