Dictionary

拷問

火責めに水責め、ムチで百叩き!

概要

拷問とは、普通動画を何倍にも長くする、あるいは言葉の繰り返しのみで構成される、ハッキリ言ってしまえば時間の無駄になる動画を指す言葉である。γ時代の動画に良く見かける。特にふぃぎゅ@とか。

本来の拷問

本来の拷問とは、被害者の身体及び精神的自由を奪い、加害者側の要求を飲ませるために行われる行動の事を指す。特に捜査機関が「証拠の王様」とされる自白を得るために行われるものを指すことが多い。

歴史的に行われてきた拷問の数々については「ウィッチクラフトワークスEDに登場する拷問」の記事が詳しい。

西洋での拷問・処刑法及び拷問具などは、イギリス・ロンドンの「ロンドン塔」にて専用の常設展が開催されており、実物が閲覧できる。各種博物館でも見られるが、特にロンドン塔では数世紀前まで実際に拷問・処刑場として使用されていた石造りの仄暗く陰湿な室内環境も相まって臨場感抜群である。ちなみに中庭にて露天展示されている拘束具(晒し台)は体験可能。

現在の日本においては、日本国憲法により

第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。

第38条 2項 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。

と明記され、拷問を公務員が行うことを絶対的に禁じ、拷問によって捜査機関が得た自白は証拠能力を有さないことが定められている。これに基づいて制定された刑事訴訟法第319条等で具体的な内容が示されている。

また第36条は公務員による拷問のみを禁じているが、刑法の関係から私人による拷問が認められているわけではない。

しかしながら、この原則は今日の日本でも完全に守られているとはいえず、非公式の場では今なお拷問に当たる行為が行われていると、国際的な人権保護団体から非難されることがある。

関連項目

  • 人体実験
  • 拷問天国
  • 我々の業界でも拷問です
  • とにかく拷問だ、拷問にかけろ!
  • 投票という名の拷問
  • 耳レイプ
  • 公開処刑
  • 異端審問
  • ファラリスの雄牛
  • 三角木馬
  • C3 -シーキューブ-
  • ウィッチクラフトワークス
  • 紅林麻雄

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-17 (木) 12:54:01 (1728d)