ニュース

安倍晋三「あらゆる選択肢、行動も頭に取り組む」鈴木宗男との面会で

安倍晋三は2018年4月25日午前、首相官邸で鈴木宗男と面会し、国会の正常化の見通しが立たない状況を念頭に「あらゆる選択肢、あらゆる行動なども頭に入れながら、とにかく政治の停滞がないようしっかり取り組んでいきたい」と述べた。面会後に鈴木宗男が記者団に明らかにした。

自民党の森山裕は同日、野党が内閣不信任決議案を提出した場合の対応について「出されれば解散も内閣の一つの選択肢だろう」と、衆院解散・総選挙の可能性に言及した。

自民党二階俊博公明党の井上義久の会談に同席後、東京都内で記者団に語った。両氏の会談で衆院解散が話題にのぼったわけではないとも説明し、「不信任案の提出は野党の権限。われわれがとやかく申し上げる立場にない」と話した。

一方、会談に同席した公明党の大口善徳は「衆院解散は安倍晋三の専権事項だし、2017年やったばかりだ」と否定的な見方を示した。

政府をめぐる一連の問題を受け、立憲民主党の枝野幸男らが内閣不信任決議案提出の可能性を示唆している。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-25 (水) 13:45:12 (1745d)