Dictionary

出会い系バー

出会い系バー (であいけい - ) とは、は男性女性に会話の場を提供する店である。最近では政府(特に文部科学省)が女性貧困問題を調査するための調査拠点となっている。

システム

店によって差はあるが、おおむね次のようなシステムになっている。

会員制

  • 多くが会員制を採っているが、採っていない店もある。

入店料

  • 通常のバーと違い、店に入るだけで課金される。課金は店の滞在時間によって決められていることが多く、例えば60分コース3,500円(1ドリンク付き)、120分コース4,800円(2ドリンク付き)、終日コース6,000円(3ドリンク付き)などがある。また、時間制限のあるコースでは、追加料金を支払うことにより、延長することができる(延長30分1,500円など)。女性は無料であることが多い。

ドリンク

  • 通常のバーと同じく、ドリンクのショット売りがある。出会いバーの場合は、文字通り出会いの場を提供することが目的なので、ドリンクの代金は比較的良心的である。

出会い

  • これも店によって異なる。多くの場合、男女の区画がパーティションやマジックミラーで区切られている。マジックミラーの場合、男性の側から女性の側を見ることはできるが、逆はできない。男性が気に入った女性と会話したい場合、追加料金を支払ってトークルームで直接会話を楽しむことができる。交渉が成立すると外出ができるが、この際にも男性には追加料金が発生する(入店料に含まれ、発生しないこともあるが、この場合は再入店の際にドリンクを注文するなどしなければならない)。
  • 一方でパーティションがない店もあり、この場合は男女が自由に会話できる。外出料がかからない場合も、心づけと称して、直接女性に5,000円程度の金銭を渡すことが暗黙のルールとなっている。

問題点

出会い系喫茶と異なり、バーであるため、原則として未成年の者は入店できない。しかし年齢を偽って未成年が援助交際や、小遣い稼ぎで利用するなどの例が後を絶たず、問題となっている。もちろん成年の利用者も割り切りと称して性的な交渉を持ち、それによって対価を得る(売春)を行うことが多いが、店側の建前としては「自由恋愛」の範囲であり、関知する範囲ではない。これはソープランドが営業を続けられる理由(建前)と同じである。

また一般のバーと出会い系バーの区別は極めてあいまいであり、見かけ上はなんら普通のバーと変わらない店が出会い系バーとして営業している場合も存在する。

女性貧困問題の調査拠点として

最近では政府貧困問題を調査する場合の拠点として利用されている。貧困問題は、対象が子供の場合は文部科学省が、対象が青年の場合は厚生労働省であるが、文部科学省は特に調査に熱心であり、事務方トップの事務次官直々に、他の様々な問題を差し置いて同じ店に週三回通うなど、厳重な調査がなされている。これはもちろん「未成年の貧困者が出会い系バーで小遣い稼ぎをしている実態」を調査するためであり、決して個人の趣向で通っているわけではない。

同じ店ばかりを利用したのは、いわゆる「定点観測」であり、決して「その店を」「個人的に」気に入っていたわけではないので注意が必要である。

調査の方法として「に命じて調査させたり、RDDやアンケートを取るなどの方法でしないのか?なぜ事務次官が直々にするのか?」というのは庶民の邪推というものである。またこの件について、部下である事務副次官から厳重に注意を受けたとする報道がなされているが、これは事務副次官の無知以外の何物でもなく、報道を行ったメディアの知見も疑われる。

この件については今のところ、事務次官から報告書などはあがっていないが、これは調査資料が膨大でまとめるのに時間がかかっているだけである。東大出身の仕事熱心なキャリア官僚のことであるから、念には念を入れ、満を持して発表されるであろう。

外部リンク

恋活バー Love on The Beach - 貧困問題の調査拠点。

関連項目

出会い系サイト - 仮想空間上にある類似品


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-18 (金) 14:01:46 (1727d)