Dictionary

ピザ依存症

ピザ依存症(-いぞんしょう)とは、ピザに多量に含まれるDHMO(ジハイドロゲン・モノオキサイド)という化学物質への依存症である。

http://images.uncyc.org/ja/f/ff/%E3%83%94%E3%82%B6%E3%83%87%E3%83%96.jpg

概要

もともと貧困層の人間が、飲まず食わずの生活苦から逃れるために好むこと、依存を形成した後には多くの場合で体型が崩れることから、覚醒剤同様それまでもピザは依存性を持つのではないかといわれていた。しかし、原因となる物質は同定されていなかったことから、FDA発表に基づき依存性はないということが通説であった。

1986年アメリカ、ニューヨーク州において臨床的に確認され、その臨床研究において、依存の原因物質がDHMOであることがわかり、ピザ依存症は正式に疾病と認められる様になった。

なお、アメリカにおいてピザ依存症の患者は企業経営者などにはなれないことが一般的だが、ピザ依存症患者同様の体型をしている人間もピザ依存症患者のように扱われるという、いわれなき差別社会問題となっている。

合併症

ピザ依存症の合併症として、コーラ依存症・ペプシ依存症というものがある。これはピザを経口摂取する際、同時にコーラペプシも摂取することが多いためである。

今日では、これらの依存症もまたDHMOによるものであることが判明しているため、世界中でDHMO規制の必要性が叫ばれている。しかし、DHMOに関する事業は多くの金銭を生むため、多くの場合企業行政はこれらの言説を無視している。

日本におけるピザ依存症

ピザ依存症は、アメリカでは重大な問題となっているが、日本では社会的にそれほど重要な扱いは受けていない。

しかし、日本ではピザの末端価格が比較的高く、低価格で取引される代替品として、ピザパンやピザまん、その他うまい棒(ピザ味)・ピザ味のポテトチップスなどがある。

これらの代替品は、ピザを摂取した効果を簡易に得られることから、ピザ依存症の症状を悪化させる可能性が非常に高いとされている。

また、これらはコンビニエンスストアやスーパーマーケットなど、あらゆる場で取引されており、未成年者が入手することも容易である。そのため、一部の有識者はこの問題の重要性を主張している。

関連項目


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-18 (金) 13:54:10 (1727d)