Dictionary

パンデミック

パンデミックとは、ある感染症や伝染病が世界的に流行することを表す用語である。

概要

日本語に訳すと「感染爆発」や「汎発流行」となる。

類義語として「エンデミック」や「エピデミック」がある。規模としては、

エンデミック(一部の地方) < エピデミック(より大きな社会や地域) < パンデミック(世界的規模) くらい。

そのため、いくら大規模な流行であっても、それが一国内に限られている場合はパンデミックとは呼ばない。

主に、複数国に渡って深刻な被害が確認された場合、その流行をパンデミックと言い表す。

現代では、大規模な伝染病が発生した場合、基本的に、WHOがその流行の度合いを調査した上で各国に通達する。その病気がパンデミックの状態にあるかどうかは、WHOの判断にゆだねられているといっていい。

特にインフルエンザに関しては、WHOは6段階のフェーズを設定しており、最大レベルであるフェーズ6に達したと発表した場合、正式にパンデミックとみなされる(フェーズ1~2は「前パンデミック期」、3~5は「パンデミック・アラート期」とされている)。

ちなみに、同義っぽい言葉として「アウトブレイク」があるが、アウトブレイクは感染の“発生”、あるいは“拡大”を指す言葉であって、流行そのものを指す言葉ではない。

有名なパンデミック

  • ペスト - 6世紀の東ローマ帝国、14世紀のヨーロッパ、そして19世紀末から現在に至るまでの世界全域(特に中国インド)で3度猛威を振るった伝染病。特に14世紀のヨーロッパ流行は、人々に「黒死病」と呼ばれて恐れられ、全世界で8500万人、ヨーロッパでは2~3000万人が死亡(当時の人口の1/3~2/3)。当時の政治宗教にまで大きな影響を与えた。
  • インフルエンザ - 新型インフルエンザの項も参照。
    • スペインかぜ - 1918~19年。全世界で6億人が感染し、5000万人近くが死亡。人類が体験した最初のインフルエンザ・パンデミック。ちなみに発生源はスペインではなくアメリカ
    • アジアかぜ - 1957年。中国を中心に200万人が死亡。スペイン風邪に比べるとその被害は小さいが、抗生物質発見後としては最悪である。
    • 香港かぜ - 1968年。香港から発生した流行で100万人が死亡
    • 2009年新型インフルエンザ - いわゆる「豚インフルエンザ」。世界全域・130カ国以上で感染が確認される異常事態で、死亡者の数こそ15000人弱に抑えられたが、これは各国が流行阻止のために必死に対策した結果であった。
  • コレラ - 19世紀~。1817~23年の流行など、現在に至るまで7度に渡ってくり返し発生。現在も発展途上国を中心に7回目のパンデミックが進行中。衛生環境の発達と、コレラ菌の発見により、先進国を中心に大規模な感染は押さえられてきている。

2013年10月現在恐れられているもの

  • H7N9型インフルエンザ - 2013年3月に、それまでヒトへの感染が確認されてなかったはずのタイプのウイルスヒトへの感染が中国で確認された。このウイルスヒト-ヒト感染は今のところ確認されていないが、WHOはフェーズ3(=パンデミック・アラート期)にあるとして警戒している。
  • エボラ出血熱
  • クリミア・コンゴ出血熱
  • 南米出血熱
  • ラッサ熱
  • マールブルグ病
  • 志麻病
  • 澪インフルエンザ(萌え萌えキュン♡)
  • ななひらウイルス
  • 虻インフルエンザ
  • 釘宮病

関連項目


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-24 (木) 10:17:16 (1653d)