Dictionary

アルカイダ

アルカイダとは、アメリカ合衆国やアフガニスタン、パキスタンなどで活躍するイスラム系ロックバンドである。なお、このページがどことなく味気ないのは、偶像崇拝を禁ずるイスラムの教えに則ってあるためである。

概要

バンド名は無理矢理英訳するとザ・ベースとなる。メインボーカルのオーサマ・ビン=ラーディンをリーダーとして、ドラムのアイマン・ザワーヒリー、サブボーカル、ベースのアダム・ガダーンらを中心として活動している。また作詞作曲担当のアンワル・アウラキなどの裏方の存在も重要である。しかしながら、いつも固定のメンバーで活躍するというわけではなく、イラク公演の際には友達のアブー=ムスアブ・アッ=ザルカーウィーなどがウサーマの代理人として演奏したりしている。またオーディションがパキスタンやソマリアなどで年中行われており、新たな有望な人材の発掘を進めている。

ウサーマが体力的にベースを弾くことが困難となってボーカルに転身したこともあり、健康問題がクローズアップされていたが、健康問題以前に5月2日パキスタン白色テロにおいて世界の警察に殺害されてしまった。今後はザワーヒリーをリーダーとして活動していく方針だが、元企業経営者という一面もあるウサーマのカリスマ性で個性あふれるメンバーがまとまっていたため、今後のバンド活動がどうなるかは不透明である。

評価

伝説的なギタリストで社会的ムーブメントを巻き起こしたマルコムXの死後、非イスラム世界において最大のマーケットであるアメリカで途絶えていたイスラム系ロックを復活させたことが第一の功績として挙げられる。

その一方でライブの後始末で現地住民とトラブルを起こすことが多く、それが主要因で現在は多くのメンバーが指名手配中となってしまっている。同時多発ゲリラライブはその代表格であろう。

しかしながらこれらの要因も含めて、アルカイダの反権力的姿勢は評価されており、いくつかのコピーバンドがイスラム世界を中心にできている。ザルカーウィーも元々はコピーバンドからスタートしたことは有名である。また非イスラム世界においても、彼らの音楽に触発されてギターを弾き始めたり、路上ゲリラライブを行ったり、後述のアルカイダのオーディションに参加するも出始めている。

その他の批判としては、イスラエルでの演奏がイスラム世界の要望の割に少ないということが挙げられる。新リーダーとなったザワーヒリーの手腕が問われるところである。

アルカイダのオーディション

オーディションは演奏能力の他、コーランの暗唱、イスラム知識の確認、アラビア語もしくは英語が喋れメンバーとコミュニケーションが取れるかなどが問われる。基本的に受からせるためのオーディションであるため難易度は高くないが、間違えたら欧米のスパイ扱いされて殺されてしまうため、絶対に受かるように事前に訓練しておく必要がある。

また演奏の際に用いる電気や危険物の扱いに造詣が深ければ、多少ミスをしても採用されるという情報もあるため、アルカーイダで活躍したいと考えているのならばそちらのほうも習得しておくのが望ましい。

イラク、シリアにおける商標権問題、路線対立

2011年頃からのシリアにおけるコンサートにおいて、ローカライズ化を優先させるかウサーマの路線を維持するかという問題、およびコンサート収益問題にてシリア方面で活躍する2つのグループ、イスラム国とヌスラ戦線に分裂してしまった。イスラム国は商標権問題で現在アルカーイダと揉めている。しかしローカライズ戦略を取るイスラム国は独自PVを多数配信し世界各国の若者やルサンチマンの中ニ心をくすぐるというマーケティング戦略を採ったため、オーディション参加者を増やすことに成功している。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-17 (木) 16:15:00 (1660d)