Dictionary

とり肉

とり肉とは、とりの肉である。漢字で書くと以下の2種類に分けられる。

  • 鳥肉…鳥の肉
  • 鶏肉…鶏の肉

概要

鳥肉とは鳥の肉である。

人間が鳥を食べる文化は昔から存在する。具体的には鶏、七面鳥、鴨、等が有名。

昔の日本人は鳩や雉も食べていたが、現在では捕獲が難しいのと鶏の肉が普及した為あまり食べられていない。

雀等の小さな鳥も食べる文化があったが、骨を取り除くと食べる部分があまりにも少ないので現在は食べる人は殆どいない。

ガチョウの肝臓はフォアグラとして世界三大珍味に上げられている。

概要(鶏肉について)

鶏の肉は、世界中で食べられている食肉である。世界三大食肉である牛、、鶏、の中で価格が最も安い。

「鶏」は通常「にわとり」と読むが、「鶏」で「とり」と読むこともあり、「鶏肉」で「とりにく」と読む。これはそれだけ鳥の中で一番鶏が食べられているというのが理由である。

鶏は飛ばない鳥なので、他の鳥に比べ家畜にしやすく、卵も生むので飼育にはもって来い。

鶏肉の部位

部位によって調理法や加熱時間等が若干異なってくる。

  • もも肉…肉汁が多く、加熱してもパサパサしづらい。骨付きをオーブンで焼いても煮物にしても美味。
  • 手羽先…煮込むとコラーゲンが出てぷるぷるする。唐揚げにしても美味。
  • 手羽元…切り開いて骨を露出させたものは花に見たてチューリップと呼ぶ。フライドチキン、煮込み等に向く。
  • むね肉…照り焼きにすると美味。加熱しすぎると肉がパサパサ感が出る為扱いが難しい面がある。日本では安価に手に入るのもウリの一つ。
  • ささみ…低脂肪でサラダ向きだが調理は困難。すぐパサパサになって美味しくなくなる。
  • 砂肝…ごりっとした食感が特徴。炒め物にしたり茹でたりして食す。
  • 皮…焼き鳥の定番。美味だが脂がキツいので炭火焼きがいい。

関連項目

  • チキン
  • にわとり
  • 肉料理
  • 食材の一覧
  • 料理の一覧
  • 料理
    • 唐揚げ
    • 親子丼
    • 焼き鳥
    • チキン南蛮
    • 鶏肉と根菜のやわらか煮
    • フライドチキンのシチュー
    • チューリップ

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-23 (水) 11:19:09 (1651d)