ニュース

「殺すぞ」暴言の前西宮市長は退職金2700万円で悠々自適

https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/228/314/ab2b485a41018cf0f542dc617310826b20180502121535850_262_262.jpg

年始のあいさつで、自宅に取材に訪れた新聞記者に「殺すぞ」と暴言を吐き、辞職した兵庫県西宮市の今村岳司(45)。4月15日に行われた市長選は6人が立候補する乱戦となったが、元衆院議員の石井登志郎(46)が108票の僅差で制した。

石井登志郎は「市長退職金廃止」という大胆な公約を掲げて当選したが、「念頭には今村岳司の最低の“引き際”があったのです」と、市議会関係者がこう続ける。

今村岳司の任期は5月までで、『任期まで辞めるつもりはない』と言い張っていましたが、市議会が退職金3割カットの条例案を提出する構えを示すと、会見もせずに、2月20日付でサッサと辞職したのです。もちろん市民はカンカン。市役所には『退職金を受け取る資格はない』といった抗議の電話やメールが殺到しました」

市長の退職金は4年の満額で2830万円。任期まで働いて3割減額されると1981万円だが、2月20日で辞めてしまえば2718万円。ナント737万円も“お得”というわけだ。

今村岳司の自宅は西宮ではなく神戸です。辞任以来、表舞台には一切、顔を出していないようです」(地元関係者)

今村岳司は辞職した日のブログに、<一年は仕事をせずにまいにち家でゆっくり過ごそうと思っています><二度と政治や選挙に関わることはありません>などとつづっていた。3000万円近い退職金で1年のんびりなんて、いいご身分だ。

京大法学部卒の45歳。残りの人生をどう過ごすにしても、西宮市にだけは寄りつかない方がいいだろう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-09 (水) 08:55:28 (1731d)